/* アドセンス */

Google Chromeで英語ページを自動的に翻訳する方法

2021年6月22日ブラウザ関連





今の時代、どの言語でも
ある程度、理解することができる。

 

翻訳ツールの発展により
とても便利になりましたね。

 

Hiroも実は
アメリカの大学で勉強していた過去があるので
生活できる程度は英語を理解することはできる。

 

ただ、母国語じゃないので
やっぱ英語をつかうと時間もかかるし
結構エネルギーを必要とするので
面倒だったりする。

 

特にあまり時間もエネルギーも使いたくないときは
翻訳ツールを使ってサクッと理解できるようにすることが
結構ある。

 

しかしその翻訳も
ちょっとしたクリックやコピペなどが
とても面倒だったりする。

 

そこで、海外サイトを開いたら自動的に
翻訳されるようにしました。

 

よく海外サイトを開く方にとってはとても便利なので
是非、試してみてください。

 

前提条件として
ブラウザはGoogle Chromeを使っていること

 

設定の仕方は以下の通り






Chromeの右上の縦の「・・・」をクリックして
「設定」を開く

 


一番下の「詳細設定」をクリックしてさらに展開します。

 


「言語」をクリックして展開します。

 


「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」にチェックを入れてオンにする。

 

すると英語ページを開いたら以下のように
自動的に翻訳されます。

 

たまに日本語がおかしくて
原文を見て確認したい場合があります。

その時は、アドレス入力欄の右側に翻訳アイコンが出ているので
クリックすると切り替え画面が出るので
それを英語にすると原文が表示されます。