豚肉と野菜の水炊きならぬ酒鍋♪

2020年5月3日やみつき健康レシピ

これは好みがあると思うので、
2種類の食べ方をご紹介します。
豚肉と野菜の水炊きならぬ酒鍋です♪
水炊きのほうは皆さんも
おなじみだと思うので
簡単ですね。
好きな野菜、豚肉、きのこ類を
鍋で茹でて
行者にんにくの醤油漬けのタレに
つけながら食べる。
それだけです。
シンプルながら旨いです!!
鍋に昆布を入れてダシを出しておくと
もっと旨くなります。
さらにしゃぶしゃぶじゃないですが…
キンメダイをしゃぶしゃぶしてタレにつけて食べたら
もう独り占めしたくなるほど旨すぎます!!
これは食べたら危険です!!
キンメダイ旨すぎです!!!!
さて…
もう一つの酒鍋?
これは富良野で昔から皆さんが食べてる
昔ながらの地元メシ?だと思います。
これはキャベツと豚のさがり、にんにく、塩、たかのつめ、
日本酒が必需品です。
行者にんにくも入れても旨いと思います。
鍋に日本酒をどばどばどばと入れます。
水は使いません。
もし日本酒の香りが苦手な人は
水8:酒2くらいでも良いかと思います。
味見しながら調整してみてください。
沸騰してきたらぶたさがりとにんにく、
キャベツ、行者にんにくを入れます。
たかのつめと塩を入れ味を調えます。
ライターの火を近づけると
ぼわっと火がつき
アルコールが飛びます。
こんだけで出来上がりです。
そのままでも普通に旨いですが、
塩味を薄めにしておいて
行者にんにくの醤油漬けのタレにつけて食べても
おいしいです。
酒のつまみに
冬に体も温まります。
是非、一度お試し下さい。
唯、結構好みが分かれるかも知れません。
豚の香りが苦手な方
酒の香りが苦手な方には
最初の一口は旨いと思いますが、
苦手かと思います。
でも好きな人はたまらなく好きだと思いますよ。

<スポンサーリンク>