Really Simple SSLでwp-config.phpの書き込みエラーが起こった場合

プラグイン





Wordpressのプラグインの
SSLを簡単に実装できるReally Simple SSLで
wp-config.phpに書き込みができないので

指定のコードを貼り付けてくださいという
エラーが出ていました。

そのため、通常通り
FTPでサーバーに接続し
指定ファイルを修正して
再度アップロードしようとしたところ

なぜかエラーが出て
更新されませんでした。

パーミッションを確認したところREADオンリーになっていたので
「600」に修正したことで解決しました。

「wp-config.php」の推奨パーミッションは、
「400」か「600」となっております。

「400」がもっとも安全ですが
サーバーによって設定できない場合もあるので
wordpress.orgの方では「600」が推奨されています。