【類似毒草】行者にんにくと間違えやすい「スズラン」に注意!

2021年11月15日類似毒草一覧

充実様です♪

今回は、行者にんにくに似ている毒草
スズランについて解説していきたいと思います。



意外にも行者にんにくは
スズランと間違えて採ってしまうことも
あるため注意して頂きたいです。

 

 

ユリ科(APG植物分類体系ではクサスギカズラ科)スズラン属に属する
多年草です。

 

君影草(きみかげそう)、谷間の姫百合(たにまのひめゆり)
という別名もあります。

学名:Convallaria keiskei
強心配糖体のコンバラトキシン (convallatoxin)、
コンバラマリン (convallamarin)、コンバロシド (convalloside)
などを含む有毒植物です。

 

有毒成分は全草に持っていますが、
特に花や根に多く含まれています。

 

摂取した場合、嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、
血圧低下、心臓麻痺などの症状を起こし、
重症の場合は死に至ることがあります。

 

hiroの家の庭にも春になると
可愛らしいスズランの花が満開になります♪

 

北海道などで山菜として珍重される行者にんにくと
外見が似ていることもあり、
誤って摂取し中毒症状を起こすケースがあります。

 

ちなみにスズランを活けた水を飲んでも
中毒を起こすこともあり、
誤飲して死亡した事例もありますので
特にスズランには十分気をつけてください。

 

スズランもまた
行者にんにくのような
にんにく臭はないので
行者にんにくの匂いで見分ける癖をつけて
十分気をつけて下さい。