行間・上下間のスペースを自由自在に空けたい場合のHTMLタグ

2020年5月1日HTMLタグ,HP制作覚書

サイト制作の際
一部行間だとか、上下コンテンツの間のスペースを空けたいとか
色々思うことがあるかと思う。

その際にどのタグを使うのがベストなのか
気になることもあるかと思う。

その答えは臨機応変に
状況に合わせるべしというのが結論だ。

そのためにも色んなパターンを知っておくと便利かもしれない。

簡単な方法だと

<br><br><br>

 

といった感じで大量に改行タグを入れるのもありだが
ソース的に見苦しい上、環境によっては認知されない場合がある。

そのため、
賢い方法としてCSSで
指定しておくのがベストかもしれない。

例えば

<div style="height:30px;"></div>

 

こんな感じで
高さを指定してやれば
自由自在に空白を作ることも出来る。

これを外部ファイルで色んなパターンで用意しておけば
classの指定だけで変えられるので楽かもしれない。

あとCSSを使わない方法として
今はやらないが過去にやっていたのは

<table border="0" height="50px">
<tr><td></td></tr></table>

こんな感じで見えないテーブルタグをかましていたこともある。

さらに荒業としてPNG形式の透明画像を差し込んで
高さを変えて調整しているのも以前見かけたこともある。

どの方法もデザインを崩さないのであれば
正解だが、プロとして活躍していくならば
CSSを究めるべし。

<スポンサーリンク>