FTP制限設定は危険!悪質業者により接続が出来なくなった時は?

2020年5月1日サーバー,HP制作覚書

例えばエックスサーバーなどでは
FTPの制限設定が出来ます。

通常は誰でも
FTPの接続情報を知っていれば
サーバーに接続してサイトデータのアップロードや
ダウンロードが可能です。

しかしながら、例えば自身の接続環境から
自分のIPを設定してFTP制限を行うと
そのIP以外からはFTPにて接続が出来なくなります。

一部、ドメインのみの制限であれば
FTPで接続が出来たとしてもそのディレクトリは表示されません。

セキュリティー目的で設定する分には
特に問題はありませんが、
個人的にはIP許可しなければ
何故か入れない場合のみ以外は
自分は基本的にFTP接続設定は
する必要ないと思っています。

特に初心者の方がこのFTP制限設定をすると
危険ですので、ご自身でしっかりと把握されている方以外は
何も制限はしないほうが良いです。

<スポンサーリンク>



あとサイト制作業者にご依頼をする際には
特にその業者の人間性ややり方などしっかりと見た上で
お願いするようにした方が良いです。

自分自身、長いことサイト制作のお手伝いをすることが多々ありました。

現在もワードプレスをメインに
サイト制作のお手伝いを行っていますが
自分の元にかなり多くの方が初心者を食い物にしているような
悪質な業者の餌食になって
助けを求められることがとても多いです。

ありえない高額でのサイト制作をお願いしている方、

何もやっていないのに毎月の管理・運用で
かなり高額な金額を取られている方、

ご自身の名義でサーバー等契約しているのに
おかしな契約を交わして一生払い続けなければサイト運用が
出来ないようにされている方

そして、今回のテーマに絡むお話しですが
その業者を通さなければサイト制作も運用も出来ないように
されてしまうケースもあります。

とても悪質なケースだと
サイト制作を請け負った業者が
お客様のサーバーのログイン情報をお借りして
通常通り、各種設定や制作等を行います。

ただし、その過程で
その業者のIPでしかFTPに接続できないように
FTP接続設定を行います。

これだけならば
サーバーにログインしてFTP接続設定項目にて
登録されているIPを削除したり
自身のIPを追加すれば
FTPに接続できますので問題ないのですが

ここでその業者がFTPで接続して
.ftpaccessファイルのパーミッションを444に変更してしまえば
サーバーの管理画面からFTP制限設定の書き換えが行うことが出来なくなります。

つまり最初に登録した業者のIPのみしか
お客様の契約しているサーバーにも関わらず
設定が出来ない状態となります。

そのため、多くの方は
その業者に再度依頼を行い
高額費用を支払い必要な更新作業を
行ってもらうしかないという感じになります。

いや~ 悪質ですよね。

他のケースでは、
そのサーバーやサイトのコンテンツを捨てて
別のサーバーでゼロから構築し直すという道を辿ります。

しかし、ここで諦めてはいけません。

もし万が一、このような状況になってしまった場合は
まずサーバーに契約者ご本人がお問合せをしていただき

事情を細かく説明し
こちらで設定が出来るように

「.ftpaccess」ファイルを「ftpaccess.txt」に
サーバー側で書き換えてもらってください。

エックスサーバーでは
サポートが素敵なので事情を考慮して
対応してくれます。

それをやってもらうことで
FTPで接続が出来るようになりますので


FTPでサーバーに接続し
そのファイル「ftpaccess.txt」を
PCにダウンロード


「ftpaccess.txt」をメモ帳で開くと
接続制限のIPが記載されているため全て削除して
以下、コードを貼りつけ上書きします。

<Limit ALL>
Order deny,allow
allow from all
</Limit>


「ftpaccess.txt」をFTPで同じ場所に上書きアップロードを行います


「ftpaccess.txt」を「.ftpaccess」に名前を修正します。


パーミッションを644に変更して書き換えが出来るようにします。


サーバーに接続してFTP制限設定を確認しIPがまだ登録されていたら削除します。

ちなみにパーミッションが444のままだと
追加や削除を行っても無反応となります。

これら工程をクリアすることで無事元の状態に戻るかと思います。

問題がなければ
FTPでの接続が可能となり
ディレクトリやファイルなどもFTP上に表示されるはずです。

お試しください。

そして以後はこのようなことにならないよう
気を付けてくださいね。

また何かお役に立てることがあれば
いつでも遠慮なく、お気軽にお問合せください☆

<スポンサーリンク>