大容量の圧縮ファイルも安全に解凍できる解凍ソフト2選

必須ツール

充実様です。
Hiroです♪

 

今回は、解凍ソフトのお話を
させていただきたいなと思います。

 

圧縮フォルダを解凍するための
あのソフトのお話です。

 

多くの方は、解凍できれば何でもよいという感じで
検索でヒットした数多くの解凍ソフトの中から
良さそうなものを適当に選んで
使用されているかと思います。

 

基本的には通常利用の場合、
それでも問題はないのですが
Hiroのように日頃から
大量のデータの送信&受信したり
管理したりしていると

解凍ソフトの性能によって
重大な問題が起こることが多々あります。

 

例えば、
相手がMACで圧縮したデータを
WindowsであるHiroの環境で解凍した場合、
文字化けしまくったり
最悪、データが破損したりする場合があります。

 

また
圧縮データが2GB以上
4GB以上とでかい場合
多くの解凍ソフトではエラーが発生したり
データが破損したり
文字化けが起こったり
色々と問題が起こります。

 

ネットでお仕事をしている
我々にとっては
データは命ですので
こういったデータの不具合は
非常に困ることになります。

 

そのため
解凍ソフトは大容量のデータでも
キチンと解凍してくれるソフトを
選ぶ必要があります。

 

今回、そういった問題を回避できる
Hiroが推奨する解凍ソフト2選をご紹介したいと思います。

早速、結論ですが

おすすめ解凍ソフト NO.2 は、
ZIP Reader です。

 

こちらのツールは、
海外ツールですかね?

大容量の圧縮ファイルも
しっかり解凍してくれます。

ただ、ものによっては
文字化けなど発生する場合もあります。

なので
中規模ユーザーまでの方におすすめします。

 

そして
おすすめ解凍ソフト NO.1は、

7-Zip です。

こちらの解凍ソフトが
今のところ一番問題なく良いツールだと感じます。

 

7GB以上の圧縮データも
問題なく解凍が出来ました。

 

そして、
Zip Readerで不具合が出ていたデータも
7-Zipでは、問題なく正常に解凍することが出来ました。

 

ヘビーユーザーの方は
7-Zipの使用をおすすめします。

 

参考になれば嬉しいです♪

 

必須ツール

Posted by Hiro先生