行者にんにくの栽培について

2020年9月26日栽培のコツ

行者にんにくは
熊の生息するような
奥深くの山奥まで行かなくても
1990年頃から北海道や日本海側の
雪の多い地域で
園芸栽培されるようになりました。
しかし、行者にんにく栽培圃場に発生する
病害も報告されているので、
しっかりと管理が必要です。
また、成長が遅いため、
播種から収穫までは4年程度必要です。
さらに栽培が可能になるに伴い、
量産することが可能になりましたが、
やはり天然ものと比べると香りが落ちるため、
栽培する場合にはいかに香りを濃厚に
生産するかが課題になるかと思います。

<スポンサーリンク>