※当サイトは、Google Adsense、Amazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用しています。

知ってお得♪発芽の秘密

2020年9月26日栽培のコツ

行者にんにくの発芽温度は15~25度の範囲で、
発芽率は21度が良好です。
光条件についても暗発芽性がある。
発芽率を高める方法として高温処理が有効であるが、
発芽適温に置く前の高温及び変温による前処理は、
種子の発芽率を高める方法として効果的である。
逆に前処理として低温処理を行った種子は
発芽率が低下する。
また、種子の休眠打破に用いられるKNO3やジベレリン、
BAなどの薬剤処理の効果は、
温度処理に比べて顕著な効果は認められない。
行者にんにくの種子では前処理として高温処理
または変温処理を20日間以上行うことにより
発芽率を高めることが可能です。
この方法は、播種後1年を経過した種子においても
効果があるので、
実際に利用できる極めて有効な前処理方法です。

<スポンサーリンク>