※当サイトは、Google Adsense、Amazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用しています。

最適な植え付け土壌を知る

栽培のコツ

行者にんにくの植え付け予定地には、
植え付け1ヶ月前に堆肥を1アール(30坪)当たり
1~2トン程度施しておくのがお勧めです。
余裕があれば腐葉土も同時に施しておくと良いでしょう。
水はけの悪い土壌だと、花つきが悪くなったり、
根腐れなどを起こすなどの可能性があるため、
水はけの良い土壌を選ぶことが大事です。
プランターでの栽培をする場合は、
黒土と腐葉土と堆肥を
1:1:1で混ぜると良いです。
行者ニンニクは弱酸性を好むので、
アルカリ性の石灰などは使わないで下さいね。