豚肉と行者にんにくの芽を使ったあんかけうどん

2020年5月3日やみつき健康レシピ

今回は行者にんにくは行者にんにくでも
贅沢な部位、行者にんにくの芽を使います。
5年、7年経たないと
行者にんにくは芽を出し花を咲かせません。
そこをふんだんに使うので、
なんて贅沢な料理でしょう。
是非、行者にんにくの芽が
手に入る様でしたらお試しあれ。
材料A
稲庭うどん/400g
水/1,500cc
ごま油/少々
片栗粉/少々
サラダ油/少々
豚バラ肉/200g
行者にんにくの芽/40本
材料B
お湯(調味料用)/200cc
上湯スープ又は
鶏ガラスープの素/大さじ1杯
おろしにんにく/小さじ1/2
おろし生姜/小さじ1/2
豆板醤/小さじ1/3
コチュジャン/小さじ1
砂糖/小さじ1/3
コショウ/少々
醤油/小さじ1
(1)材料Bの調味料をボールで混ぜ混ぜします。
(2)豚バラ肉は細切り(5mm位)、
行者にんにくの芽は
バラ肉と同じ位の長さに切りそろえます。
沸騰した湯にうどんをばらしながら入れ、
箸で混ぜながら半透明になるまで3分位ゆでます。
ゆであがったら手早くザルにあけ流水でもみ洗いする。
その後氷水につける。
(3)フライパンに油をひき、
豚バラ肉を炒め火が通ったら
行者にんにくの芽を入れさっと炒め
材料Bの調味料を加え
水溶き片栗粉で「とろみ」をつける。
ごま油を香りつけに入れる。
(4)十分に氷水で冷やしたうどんの水を切り、
器にもりつける。
(3)を器にもったうどんにかけてでき上がり。
おいしいですよ!!
是非、芽が手に入ったら
お試し下さい。

<スポンサーリンク>