【類似毒草】スズラン

2020年9月26日類似毒草一覧

suzuran.jpg
意外にも行者にんにくは
スズランと間違えて採ってしまうことも
あるため注意して頂きたい。
ユリ科(APG植物分類体系では
クサスギカズラ科)スズラン属に属する
多年草の総称である。
君影草(きみかげそう)、
谷間の姫百合(たにまのひめゆり)の別名もある。
学名:Convallaria keiskei
強心配糖体のコンバラトキシン (convallatoxin)、
コンバラマリン (convallamarin)、
コンバロシド (convalloside) などを含む有毒植物。
有毒物質は全草に持つが、
特に花や根に多く含まれる。
摂取した場合、嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、
血圧低下、心臓麻痺などの症状を起こし、
重症の場合は死に至る。
北海道などで山菜として珍重される行者にんにくと
外見が似ていることもあり、
誤って摂取し中毒症状を起こす例が見られる。
スズランを活けた水を飲んでも
中毒を起こすことがあり、
これらを誤飲して死亡した例もある。
特にスズランには十分気をつけて頂きたい。
行者にんにく採りの際には、気をつけて下さい。

<スポンサーリンク>