行者にんにくの特徴

2020年9月26日基本情報・雑学

行者にんにくの特徴は、
大体、長さ20~30cm、幅3~10cmの葉で
強いニンニク臭を放ち、
地下にラッキョウに似た鱗茎を持っています。
葉は根生、扁平で下部は狭いさやとなる。
初夏、花茎の頂端に、
白色または淡紫色の小花を多数つけます。
種子のほかにも不定芽でも増殖する。
生育速度が遅く播種から収穫までの
生育期間が5年から7年と非常に長いことから、
希少な山菜とされ、
市場に出回っているものは少量にも関わらず
高値で取引される傾向にあります。

<スポンサーリンク>