※当サイトは、Google Adsense、Amazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用しています。

アイヌネギの品種改良について

2020年9月26日基本情報・雑学

行者にんにくは、
品種改良もされるようになってきたらしいです。
宇都宮大学農学部藤重宣昭助教授(当時)のグループにより、
行者にんにくとニラを交配した
「行者菜(ぎょうじゃな)」が開発された。
外観はニラに近いが、
行者にんにくから受け継いだ形質として、
茎が太いのが特徴で、
ニラ同様一年で収穫が可能らしいです。
行者にんにくの収穫までの期間が
大体4年~なので、
1年で収穫が可能というのは
生産者にとってはありがたいですね。
2008年から山形県長井市で
販売が開始されているみたいです。

<スポンサーリンク>