※当サイトは、Google Adsense、Amazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用しています。

冬の悩み:水道が凍結しないようにする対策方法は?

2024年2月8日生活の悩み

お悩み

冬になると、水道が凍結します。
毎日水を落とすのが非常に大変です。

もっと手軽にできる、凍結対策の方法は
ありませんか?

解決方法

マンションやアパートの場合は、
左右上下に人が密接して住んでいることもあり、
案外、何もしなくても
水道が凍りつくことはありません。

しかし、一軒家などでは、
水道管が一晩で凍りつき、
最悪な場合、水道管が破裂してえらいことに
なってしまうこともあります。

特に、東北地方、北海道などでは、
基本的に凍結しにくいような施工をされていることが多いため
本州エリアよりは凍結しにくくなってますが、

それでも、建物が古かったり
冷え込みが厳しい時は凍ってしまうことがあります。

そうなってしまわないためにも、
毎日水を落として、
凍りつかないようにすることが理想的です。

しかし、毎日毎日
こんな作業をするのは、
非常に手間がかかって、
なかなか大変です。

非常にストレスになります。

特に豪雪エリアではない地域では
慣れていないため、とても厄介です。

北海道では、冬が厳しいため
冬場はずっとストーブをつけっぱなし状態のため
それ自体が凍結対策になってる場合もあります。

それでも、古い家や寒さが厳しい時は
凍ってしまう場合もありますので、

水道管に巻き付けるヒーターなどを
導入すると、
頻繁に水道を落とさずとも
水道管が凍りつかなくなります。

水道管がむき出してるところに
この製品を巻き付けて電源をいれておくことで、
水が凍りつかなくなるため、
安心できるようになります。

水道の凍結がストレスになってる方は、
是非、一度試してみてください。

ちなみに、
これだけでは、
不十分なケースもあるため、
トイレやボイラー、風呂などは、
パネルヒーターを
晩から翌朝頃にかけて入れっぱなしにしておくと安心です。

特に水洗トイレの場合、
便器が陶器製の場合、
凍結で割れてしまう場合もあるので
凍結防止剤をさらに入れておくと安心です。

トイレやお風呂などは、特に
凍結しなかったとしても
ヒートショックの危険性のある場所です。

日頃から暖かくしておくことで
健康的リスクも解消できます。

お試しあれ。