※当サイトは、Google Adsense、Amazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用しています。

水道水の塩素とクロラミンについて

2020年9月21日貝の飼育方法

水道水は塩素消毒が行われています。
この塩素は、
水中で有機質等と結合して
クロラミン(結合塩素)として
長期にわたり残留します。
クロラミン(NHCl)は
殺菌力が非常に強く、
衛生的には優れていますが
魚貝類には生育に関わる重大な影響を及ぼします。
特に環境に鋭敏なビーシュリンプは
飼育困難な環境となります。
ミネラルサンドは生物の生育環境に適した
富有機質資材です。
この為、ミネラルサンド環境下で
水道水の使用は控えて下さい。

<スポンサーリンク>