美しき伝統工芸、螺鈿(らでん)と川真珠貝

2020年5月3日基本情報

川真珠貝(かわしんじゅがい)は、
芸術にも活用されていることご存知でしょうか?
伝統工芸である螺鈿(らでん)に
川真珠貝が使われているんです。
WS000002.JPG
とても綺麗でしょ♪
螺鈿とは、主に…


螺鈿とは、
主に漆器などの伝統工芸に用いられる
装飾技法のひとつで、
アワビ、川真珠貝(青貝)、ヤコウガイ(夜光貝)、
シロチョウガイ(白蝶貝)、アコヤガイなどの貝殻の内側、
虹色光沢を持った真珠層の部分を薄く研磨したものを、
さまざまな模様の形に切り、
漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法です。
出来上がった作品は、とても高級感があり
非常に優雅で美しいです。

芸術家にとっても
川真珠貝は手放せない貝のようです。

a

<スポンサーリンク>